脆弱性とは | ITシステムやコンピュータが普及する中で気をつけること

ITシステムやコンピュータが普及する中で気をつけること

地球

脆弱性とは

脆弱性(ぜいじゃくせい)という言葉は聞き慣れないですが、正しい定義があります。
定義として、開発者が作成したプログラムに不備などがあり、開発者も予想できなかった点に問題が起きてしまうことです。
セキュリティの中の弱点なので、別名セキュリティホールとも呼ばれています。
主にプログラムを作ったときの設計や、制作上のミスが原因で起こる問題となりますが、悪用されて不正プログラムのようなウィルスに感染することがあります。
また、不正にアクセスをされる可能性もあるので、脆弱性対策を行うことはとても重要なのです。
企業が情報漏えいを防ぐために行うことも大事ですが、パソコンやスマートフォンが普及してきている現在、個人でも脆弱性対策が重要になってきています。

ソフトウェアには、セキュリティホールと呼ばれる脆弱性があります。
OSやソフトウェアの脆弱性を見抜き、サイバー攻撃のようなコンピュータへの侵入を図られることもたくさんあるので、脆弱性対策は大切です。
サイバー攻撃やコンピュータの脆弱性を突く経路はいくつかあるので、それを知って脆弱性対策につなげましょう。
一般的なのが、Webサイトを何気なく見たときに感染するというものです。
Webサイトを閲覧しただけで、不正なプログラムを勝手にパソコンにダウンロードやインストールさせるというケースがあります。
これをドライブ・バイ・ダウンロード攻撃といいますが、これは個人のパソコンで十分起こりえる攻撃方法です。
他にも、電子メールの添付ファイルを開けることによって感染・攻撃を受けるケースです。
知らない発信先からのメールは開かない、むやみにインターネットを閲覧しないといったことが大切です。
また、自宅のパソコンが古いバージョンのまま使用すると不正プログラムに感染する恐れがあるので、新しく修正を行うことが脆弱性対策になります。